Gauche > Archives > 2018/09/25

2018/05/20 04:52:27 UTCshiro
#
goshがバージョン違いのlibgaucheをロードしたらチェックにひっかかるはずなんですがそれが機能してなさっぽい? というあたりでこちらも少し調べてみます。
2018/05/20 05:34:53 UTCshiro
#
ああ、バージョンチェックは_pre7の部分まではチェックしない (0.9.6まで) から
#
ひっかからなかったのか。
2018/05/24 19:59:29 UTCshiro
#
う…い…internal defineを使いたい…使わせてくれ… (in Clojure)
2018/05/31 10:49:41 UTCshiro
#
WiLiKiのScheme:初心者の質問箱、にとても良い質問が来たので嬉しくなってYコンビネータを導出してしまった
2018/06/11 11:18:15 UTC齊藤
#
こないだ parser.peg の newline ではまった話を書きましたが、ふと過去ログを読み返してみたら別の人も同じところではまってる事例があったみたいですね。 http://chaton.practical-scheme.net/gauche/a/2011/01/20#entry-4d3832a4-d754b
2018/06/11 23:47:59 UTCshiro
#
なんと、stklos 6年半ぶりの新リリース http://stklos.net/
#
1-2年リリースが開いても問題ないね! (油断)
2018/07/02 00:32:00 UTCshiro
#
0.9.6 rc1のwindowsインストーラを作りました。試してみてください
http://practical-scheme.net/vault/Gauche-mingw-0.9.6_rc1-64bit.msi
http://practical-scheme.net/vault/Gauche-mingw-0.9.6_rc1-32bit.msi
特に、コンソールでの日本語の扱いと、mbedTLSについて確認していただけると助かります
#
axTLSはサポートされないcipherがあったので、その場合でもmbedTLSならいけるかなと。
mbedTLSを使うには、
(use rfc.tls)
(default-tls-class <mbed-tls>)
(tls-ca-bundle-path "ca bundle fileへのパス")
をやってから、rfc.httpのhttp-get :secure #t などやってください。
ca bundle fileは例えば https://curl.haxx.se/ca/cacert.pem などから取れます。
2018/07/03 07:04:22 UTCshiro
#
mbedTLS、dllがlibgcc_sのdllに依存してしまっているのが判明したので、0.9.6のバイナリインストーラからはとりあえず除外する方針です。msys2環境があればmbedTLSつきでコンパイルするのは簡単です。
2018/07/03 11:49:59 UTCyokota
#
libgcc_s_seh-1.dll をインストーラに同梱できれば動作するのではないでしょうか。
2018/07/03 11:57:40 UTCshiro
#
そうするとインストーラ全体をGPLで配布しないとならなくなるんです
#
static linkした場合は例外条項が適用になってGPLにしなくて良いのですが。
2018/07/03 17:39:55 UTCshiro
#
Gauche 0.9.6 リリースしましたー https://practical-scheme.net/gauche/index-j.html
2018/07/03 19:23:06 UTCshiro
#
試しにgithubのリリース機能も使ってみた https://github.com/shirok/Gauche/releases ファイル配布sourceforgeからこっちに移行しようかなあ。
2018/07/03 22:47:01 UTCyokota
#
mbedTLS が libgcc_s に依存しているのは libmbedcrypto.dll の割算命令のみであるように見えます。多少面倒ですが mbedTLS を "-static-libgcc" オプションを用いて再構築した物を用いれば配布できるようになるのではないでしょうか。
2018/07/03 22:47:57 UTCshiro
#
はい、最終的にはそれかなと思います。ただ手間がかかるので今回には間に合わなかったということです。
2018/07/03 22:52:34 UTCshiro
#
こちらのリリース工数もあまり増やしたくないし、MSYS2があればユーザがmbedtls dll利用してビルドするのは簡単なので、要望が多くなければ頑張って含めなくてもいいかなあという気はしてるのですが。強い要望があれば書き込んでください。
2018/07/03 22:57:36 UTCshiro
#
axTLS同様にmbedTLSのソースも抱えてしまうというのも検討したんですが、結構大きいのでやめたんですよね。
2018/07/03 23:11:11 UTCshiro
#
あと、wixでメインインストーラ+アドオンパッケージみたいな作り方が出来るなら、ライセンスの違う部分だけ分けちゃえばいいので可ですね。
#
rpmでやってるように。と書きかけて今気づいた! specファイル更新するの忘れてた!
2018/08/09 08:15:34 UTCshiro
#
ちょいと要り用だったのでGauche+MakikiのDockerイメージ作りました。https://hub.docker.com/r/practicalscheme/gauche/
#
Dockerfileとかサンプルは https://github.com/shirok/Gauche-docker-image
2018/08/10 02:43:46 UTCshiro
#
Linux/x86_64て引数のintをlongにしたらバイナリ互換性壊れるっけ? レジスタ渡しの分は平気? いやcallerがintのつもりで渡してcalleeがlongのつもりで読んだら上位にゴミが見えたりするのかな
2018/08/10 11:14:30 UTCkoguro
#
System V Application Binary Interface AMD64 Architecture Processor Supplement (https://software.intel.com/sites/default/files/article/402129/mpx-linux64-abi.pdf)の3.2.3 Parameter Passingを読む限り、intは8byteで渡されるようなので、大丈夫なんじゃないんでしょうか。
2018/08/10 11:20:51 UTCkoguro
#
19ページに"The size of each argument gets rounded up to eightbytes."って書いてありますし。
2018/08/10 17:14:06 UTCshiro
#
心配いらないようですね https://gist.github.com/shirok/efc2ad52b4620b3de69574334ebcc75c
#
int対象だと mov ..,%edi になったので一瞬あれっとなったのだけど32bit movは上32bitが0になるんだった。なのでlong対象でもdestinationは%ediのまま。
2018/08/13 02:05:36 UTCshiro
#
heads up: 次のリリースでC APIを変更予定。拡張モジュールは再コンパイルが必要になると思う。
#
昔のコードで列のインデクスや長さにintを使っちゃってたのが、64bit時代になって不備を露呈してきたので。